MIX JUICE ~光と海と砂浜からの贈り物~

ダップー・ヨープー・マルキー 仲良しmix犬 に 野生出身の猫が加わり・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ノーリード反対
CATEGORY ≫ ノーリード反対
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

面白い話・・・

面白いとタイトルにしましたが・・・
ワッハッハ~と楽しくなるようなお話ではなくて
変な話よね~・・・とグチ交じりのぼやきなんです
おかしな話と言うべきだったかなぁ・・・。

グチとか嫌な話って口にすると連鎖してしまうんで本当は避けたいんですがついつい・・・。
『いいよ。聞いちゃるよ』って奇特な方がいらっしゃいましたら一読くださいませ

『グチは勘弁』って方はスルーしてくださいね。


さてさて、
お友達のLEON君事故から気が付けば一ヶ月が過ぎていました。
経過はと言いますと、週一の通院が2週間に1回になりました。
毎日の薬服用が2日に1回になりました。
事故後、何度かLEON君には何度か会っていますが、ず~っと抱っこ。
先週末ようやく歩き回るLEON君を見ることができました。
一昨日には一緒に公園お散歩することもできました。


でも、やっぱり足を引きずったりケンケンしたり・・・


って、もちろんLEON君の状態が『おかしな話』じゃぁありません


本題に入りまして

前にもBLOGに書きましたが、以前私も公園でノーリードにしてBEACHやMAREを遊ばせていました。
いつも行っている公園は北九州では街中の公園で、子どもを遊ばせている家族連れやお散歩を楽しんでいる方(老若男女います)の他に近道のために利用する人もたくさんいるのです。

ノーリードの犬が自転車に突っ込んでいったり、歩いている人に向かって吠え立てたり、小さな子どもに向かって一目散だったり・・・

ノーリードで遊んでいる犬の飼い主はというと宴も酣(えんもたけなわ)って感じでおしゃべりに夢中な人がほとんど。
自分の犬がどこに行ったか把握できていないこともあれば、他の公園利用者に迷惑掛けていても気がついてなかったり。

公園なのに、こんなことでいいのかと思い数ヶ月前からはノーリードを控えるようになりました。
思いっきり走らせたい時は人や犬の少ない時間にロングリードで遊ばせるようにして。(ドッグランが近くにないので

そんな矢先に起きたLEON君の事故。
   数ヶ月前だったら、もしかしたらうちの子が加害者になってたかも・・・
加害犬の飼い主さんは同じ公園内にいながらそんなことが起きていたことは露知らず・・・
その後、他の飼い主さんの口から伝えられました。

ノーリードで遊ばせる以上、飼い犬から目を離すなんてことあってはいけないのに、この公園では日常茶飯事。
この公園を利用している(ノーリードで遊んでいる)犬には顔見知りの子もいます。
これ以上、知っている犬が被害犬になるのも、加害犬になるのも耐えられません。

そういう思いから今回の加害犬の飼い主さんや他の顔見知りの方(ほんの数人にですが)に『これからはリードを離さないようにして下さい。怪我を負うほうも負わせる方も不幸になるから・・・知っている犬がそうなるのは嫌だから』とお願いしました。
そしてその後、他の人にもまだまだお願いするつもりでいました。

が、それ以来公園に行くと何だか雰囲気がミョウすっかりお願いする意欲が失せてしまいお散歩の時間をずらすようになりました。
とは言ってもお天気や仕事の都合で犬が集まる時間帯に公園に行くことも・・・。
遠くから見て集まってるなぁと思うと進路を変えたりもしますが私がコソコソする必要もないからと開き直ってそのまま行くこともあります。
明らかに様子がミョウだなぁ・・・と思いながら挨拶だけ。

そんな今日この頃、いえ昨日の出来事
今にも雨が降りそうな夕方、お散歩コースをショートカットしておりますと
犬が3匹+飼い主2人いつも集まっているところとは違うエリア(公園内です)にいました。
うち、1匹はリードしていたようにも見えましたが、他2匹は明らかにノーリード。
お一人が私の姿を見つけたようで慌てて自分の犬のリード(カラー?)を持ち、もう一人の飼い主さんに何やら耳打ちキョロキョロと私の方を見ながら犬のリードを持とうとしていました。

なんだかおかしな話だと思いませんか
私は公園の管理人でも監視員でもありませんが~

みんな(?)一部の人(?)私の姿が見えると慌ててリードしているようですが・・・近頃ちょっと落ちてきた視力、ピーク時には2.0以上見えてましたから~、今でも1.2以上は見えてますから~・・・ノーリードで遊ばせている姿、見えてますよ~。


ノーリードの状態で人に怪我を負わせたら・・・
ノーリードの状態で他の犬に襲われたら・・・
ノーリードの状態で雷やら大きな音がして犬がパニックになったら・・・

不幸な目に遭うのは犬なのです。
それが嫌だからリードするようにってお願いしたのに・・・。

他の公園利用者(犬連れ)が、ノーリードの犬に襲われて・・・飼い主は謝ったものの他の飼い主との話しに夢中でその後何度もノーリードの犬がやってきて嫌な思いをしたという記事を偶然目にしたこともあります。

せっかくきれいな公園。
みんなでマナーを守って気持ちよく利用できたらいいなぁと思ったのに・・・。

リードしていないと、私が文句言うとでも思っているのでしょうかね。

もう理解してもらえない人にはこれ以上何も言う気はありません。
ただ、ノーリードの犬がBEACHやMAREそしてRAYめがけて走ってきたら、手が出ても足が出ても悪く思わないで下さいね~。

って、面白い話で終わらずに脅しになってしまいました

最後まで読んでくださった奇特な方、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

お願いです

昨日、とある事件が起きました
即、BLOGにUPしたいと思いつつ・・・
ご本人の気持ちも落ち着かないうちから勝手に記事にするのはいかがなものか!と思いとどまり、ささやか、微力ながら何らかのメッセージをと思い『ノーリード反対!!』のバナーを設置しました。

一夜明け、事件はさらにショッキングな展開へと・・・。
ご本人もまだまだ大変な中、BLOGをUPされていたので、ご本人には了承を得ないままですが記事にすることにしました。


昨年秋(冬?)RAYを迎えたことにより、顔見知りとなりその後、親しくさせていただいているpruruさん&leon君親子
leon君


私お得意のおせっかいにより 先月末、膝蓋骨脱臼の手術を無事終えました。
(膝蓋骨脱臼については昨年7月8月頃のBLOGにしつこく出ていますので良かったら見てみてください。)膝蓋骨脱臼が本当に怖いなぁと思うのは、膝だけではなく脱臼を繰り返すことにより腰や大腿骨などにも影響し将来的に歩けなくなる可能性もあること・・・。leon君も大腿骨脱臼の手前だったらしく間一髪、間に合って良かったと安堵していたのです。


昨日はお天気も良く、久しぶりにleon君に会えるかなぁ~でも、お仕事の都合でちょっとお散歩に行く時間が遅くなったから無理かなぁ・・・と思いつつ公園に到着すると見覚えある不審者 pruruさんの姿発見手術後初めてのご対面です。

『leon君のその後はどう~』なんて笑顔で近づいたのですが何か様子が変
事情を尋ねたところ、ノーリード(リードはつけたままだけどリードは手から離されている)で遊んでいるワンコのリードがleon君の足に絡まり引きずられたとか・・・
(そのときの状況は勝手に省略させていただきます。詳しくはこちらへ)

ワンコって病院が休みの日に限って具合が悪くなるんですよねぇ
そう、昨日は病院がお休み。かといって手術を終えたばかりのleon君、違う病院で診てもらうのもちょっと不安『きっとビックリしただけだから大丈夫よ』と何の根拠もない慰めの言葉しか出てきませんでした

私も以前ノーリードについて記事にしたことがありますが、pruruさんもノーリード反対派ノーリードのワンコに噛まれたこともあり(しかも噛んだワンコの飼い主さんは噛んだことを知りません)その他にもノーリードのワンコによる被害を受けている方なのです。

なんでよりによってリードしているleon君が被害に遭わなくっちゃいけないの

ノーリードについて本人に注意する機会はあったはずなのになんで今まで放置してしまったんだろう・・・。
いろんなことに腹が立ってしまいました。今まで放置してきた自分にも腹が立ちました。

と言う私も以前は公園でリードから手を離し遊ばせていました。
MAREの膝蓋骨脱臼やその他、思うことがたくさんあり半年くらい前からはリードは離さないようにしました。
でも、ちょっと前までノーリードにしていたという負い目(?)のせいかなかなか『リードしてください』って言えなかったんですよね





BEACHやMARE、RAYがとても大切だから
危険から守るために私はリードから手を離しません

でも、今回の事件のようにリードをしっかり持っていても被害者に 被害犬になってしまうこともあるのです。

リードさえしていてくれれば・・・
悔やんでも、後悔しても・・・今さらなのです。

怪我を受けてしまった仔は辛い思いをします。

故意ではないにしても怪我をさせてしまった仔も・・・被害者がもし人間だったら・・・最悪の場合には・・・
数十年前、じぃじに噛みつき、十数針縫うような怪我を負わせたワンコは・・・殺処分されたそうです
殺処分まではないにしても『凶暴な犬』『怖い犬』のレッテルを貼られてしまうことは免れません。

でも、リードさえきちんと持っていてくれたらそんなレッテルを貼られることは免れるのです。
飼い主さんの怠慢のせいで不幸になるワンコをどうか作らないでほしいのです。

このblogをご覧の方でノーリードの方がいるのなら、お願いです。今日からはリードから手を離すのはやめてください。
もし、周りにノーリードの方がいたら『リードしようよ』って声を掛けてください。
たった一言、この一言がなかなか言えない私が言うのも説得力ありませんが・・・
お願いします。

今日も応援のポチッ
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
ありがとうございます。




pruruさんへ・・・
まだまだ、辛い時に勝手に記事にしてしまったこと
どうかお許しください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。