MIX JUICE ~光と海と砂浜からの贈り物~

ダップー・ヨープー・マルキー 仲良しmix犬 に 野生出身の猫が加わり・・・
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 膝蓋骨脱臼
CATEGORY ≫ 膝蓋骨脱臼
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

退院

RAYの大腿骨頭切除手術未遂&左膝蓋骨手術に
ご心配&応援頂きありがとうございます。
手術より2日後の17日(土) 無事退院しました。
くれぐれも『(退院が)異例の早さだからくれぐれも安静に!!』と釘を刺されました。
はい、プレートを入れるより術後の快復が早いと言われた前回の手術の時も
2日後の退院、そして自己抜糸&再縫合しました。
今回も同じようなことがあったら本当に母ちゃん失格です


100均のフェンスを引っ張り出し

ray


飛び跳ねも禁止なので蓋をし監禁生活を送っています。

ray

でもね、ずっとこの中じゃ可哀想(ヒトが勝手にそう思う)なので
たまにはお布団の上でノビノビ~

ray


ズームイン

ray

毛を剃られたアンヨが


手羽先みたい
ray


退院前、すでに取れそうだった糸2~3本は
『大丈夫です。』とその場で抜糸していただきました。


術後の経過は落ち着きましたらまとめてUPさせていただきます。


最後の写真は苦手な方も多いと思い小さくしてます。
が、傷が見たい!!って方は写真をクリックしてください、大きくなります。


にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ








スポンサーサイト

まさか、まかさの・・・

昨日、母ちゃんと2人っきりでドライブしたRAY王子
いつも車に乗るときはクレート(キャリーバッグ)に入れられるRAYですが
昨日だけは特別に母ちゃんの膝の上
特別なドライブで行った先はもちろん病院です
ray

左足でクラッチ踏むたびにバランス崩したり
右手に手と頭を乗せて寝るもんだからギアチェンジできなかったり・・・
アナタを膝に乗せてドライブするにはお互いに訓練が必要ね~。


と、前置きは置いといて結論から。
はい、無事に手術は終わりました。
先生も驚きの回復力で
明日にも退院してくるかもです

去年の手術の後、退院した日に自己抜糸、翌朝には病院に逆戻り&エリマキトカゲ化したRAY王子
(そのときの様子はこの辺で見てね)
今回は大丈夫なのかしら
本日のお見舞いの時、既に傷をペロペロして何度も私から怒られたんですけど~


昨日、胃が痛くというよりも吐き気がしながら病院に連れて行ったのですが
吐き気の原因は今回の手術の目的『大腿骨頭切除』
大丈夫なのは分かってるけど骨を削り取ってしまうなんて
膝蓋骨の手術のように呑気には構えられな~い
骨を削ってしまうなんて~

手術前、レントゲンで確認したところ


あれ??

あらら??

そんなことってあるの?

大腿骨頭に見られたヒビがなくなってます。
形が歪だった大腿骨頭も丸みを帯びてて。

触診しても痛がらないんです。
手術日も決まったので痛み止めのお薬も飲んでないのに。

恐るべきRAYの回復力
自己再生(?)したようです

いつの日か切除しなくてはいけない日がくると思われますが
まだ良いって。

右膝は昨年の手術が効いているから大丈夫
ということで左膝の手術だけ受けました。

そんなことで母ちゃんの予想を大きく裏切り
早々の退院となりそうです。


一応、今回の手術内容&術後のRAYの様子(写真ナシ)はRead More に覚書してます。
簡単にね~、と言っても長いのよ。






抜糸 延期??!!

ちょっと遅れ気味の更新ですが・・・
16日水曜日の出来事です。


10日に縫合しなおして頂き『1週間後に抜糸』と言われ
それまではエリザベスカラーも装着との指示。
1週間後にあたる 17日は病院に行けないので1日早いけど16日に病院に行きました。

『傷もちゃんと付いてますね。』と先生。
じゃあ、予定通り抜糸ねと思っていたら
『でも、付いてて悪いもの(糸)じゃないしもうちょっと付けときましょう。連休前に抜糸しましょうね。』
って、えっ今日抜糸じゃないの??
診察台の上でもジタバタ動き回るRAY
『家でも走りまわっとるやろ』とお見通しの先生。
用心のため、念には念を!! でまさかの抜糸延期となったのです
土日曜は普通診療で火曜&祝祭日が休診日のB医院。
連休前ということは土曜or日曜に抜糸予定。
でも、私お仕事につき病院に連れて行けません

ということで連休明けまで抜糸延期なのです。
『カラーも外してもいいけど・・・』
その後、『念のため抜糸まで付けときましょう。』と先生が続ける前に
『外してください。世界平和のため みんなの迷惑なので。』とお願いし
エリマキトカ犬だけは卒業することができました

これでエリマキトカ犬 RAYも見納めです。
RAY
病院に行くまでの間
窓際でしっかり太陽光を集めていました

太陽光発電??
エリザベスカラーももはやRAYの体の一部みたいでしょ。


抜糸のお祝いに(?)かってもらったお洋服を着て

RAY
『母ちゃん、さっき病院でカラー外してもらったはずなのになんか鬱陶しいんやけど。』(RAY)


RAY
『暑いし、重いし・・・』(RAY)


RAY
『こんなんならカラーしとう方がいいやん。』(RAY)



まぁ、そんなこと言わずにご愛嬌ということで・・・。




PS.右足に1本だけ残っていた糸は先ほど確認したら、なくなっていました。
あとは10日に再縫合した3本の糸が残っているのみとなりました。



ご覧頂きありがとうございます。
ついでにポチッっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ






手術後の王子②

別れを惜しまれながら病院を後にしたRAY王子

帰り着き、
お留守番していたBE☆MAに対面させると大興奮になるのは当然のこと。
まずは私だけ部屋に入りました。
思っていたよりも帰りが早かったのか熱烈な歓迎はしてもらえず
えっっと思ってるとおもむろに近づくBE☆MA。
そこで何か異変に気がついたよう。
そう、つい今さっきまでRAYを抱っこしていたお腹をクンクンクンクン匂いをかぎまわり
何かを探すBEACH&MARE。
RAYの匂いが分かってるんですね。
RAYと対面させると大喜び。
特にMAREは尻尾フリフリ本当に嬉しそうにしていました。
もちろんRAY王子もね。
RAYが家族になって1年足らず。
BE☆MAにとってRAYはかけがえのない存在になっているようです

特に痛そうな様子も見せず走ったり
抱っこして欲しい時には2本足で立ったり
ごくごく普通に生活できています。

ただ、ちょっと体力が落ちているのか良く寝ています。
まぁ、少しずつ元の生活の戻っていくことでしょう。


と、昨夜RAYの足を見てみると


3針ずつ縫っていてもらったはずなのに
左足、1針分しか糸が残ってないやん
しかも、きれいだった傷口に段差ができとう
舐めないようにズボンを履かせていたんですがちょうど傷口出てたんですよね
病院の診察時間も終わっていたので赤チン塗ってバンドエイドを貼って応急処置
寝る前に見ると右足も一針分糸がなくなり
今朝見ると左足は完全に抜糸終わっていました
溶ける糸で縫ってると言われましたがこんなに早く溶けるもの


ハイ、本日病院に逆戻りしたのでした

このままでも傷が開くことはないけれど段差になってるところはカサブタになるって
カサブタにならないように(?)局部麻酔でもう1度、縫合していただきました
まだ、写真は撮っていませんが小さな範囲を念入りに(?)3針縫っていただいていました。
今度は溶けない糸だそうです。
そして、舐めないように

エリザベス

エリザベスカラー初装着。
当初24時間装着って言われたんですが(私の空耳でなければ)
縫合後には5日間装着って言われ
直後、RAYは活発に動くから、また(糸が)外れないよう用心のため
1週間後の抜糸までエリザベス装着となりました。


BEACHもMAREもエリザベスしたことなくってエリザベス姿見るのって何だか面白い。
だって、RAYが軽快に走ってると思ったらコンって音がするんですもの。
エリザベスから手が出てるのにはビックリしましたけどね。

エリザベス付けてても普通に生活して良いそうです。
ただしBEACHやMAREが目を傷つけられる危険性もあるから
慣れるまでは別に生活させるように。って・・・。

はい。1~2時間は要注意でRAYは抱っこ中心で生活。
でも、今では一緒に過ごしても大丈夫みたいです。
ただ、走ったり遊んだりの時には要注意ですね

そして、『お風呂には入れないようにね』って帰り際に言われました。

いくら私でもさすがに抜糸が済むまではお風呂には入れませんよ~。
もちろんプールも温泉も

お風呂 入れそうに見えたんかいな


RAY
病院から帰ったばかりで疲れて寝ていますが
RAYは元気です


ご覧頂きありがとうございます。
ついでにポチッっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ






手術後の王子①

昨日、ご報告したとおり思っていた以上に早く退院してきたRAY王子ですが・・・

まずは入院中から。
RAYのいない2回の夜
普通だったら、寂しくて寂しくて・・・と思うでしょ。

RAYのいない我が家はこんなに静かだったのとビックリ。
抱っこ抱っこと駄々をこねる子もいないので楽でしたよ。
昼間は少々の物音ではワンワン吠えないRAYですが
夜は・・・BEACHが窓の外を眺めに窓際に行くと
MAREがトイレに行くと

まるで不審者が侵入したかのように吠えたくるRAY。
まるで『ボクが母ちゃんを守るんだ』とばかりに私の耳元で
毎晩、何度も起こされます。
が、この2日間は安眠できました
邪魔する 犬がいないから。
毎晩、私の横の特等席(?)で寝るRAYに怒られ遠慮して寝るBEACH&MAREも
ノビノビ私の腕枕で熟睡できたようで
夜中のトイレにも起きなかったみたい。
RAYがいないとこんなに平和なのね~と痛感していました。

この平和な日々があと1~2日は続くと思っていました。
昨日、お見舞いに行くまでは

でも、やっぱりRAY王子には会いたい。
まるで遠距離恋愛をしている恋人に会うかのように
昨日は朝からドキドキし12時からの面会のため病院にGO

しばらく待っていると看護士さんがRAYを抱いて連れてきてくれました。
喜ぶRAY相手に、他の人の目も気にせずに私も再会を喜んで大声は出していないものの・・・。

気になる傷はこんな感じ。


膝蓋骨脱臼手術
右左それぞれ3針ずつ縫っています。

RAYはお皿が内側に外れる内方脱臼だったので
膝蓋骨と膝の外側の筋を糸で縫い留め、同じく膝の外側の筋(?)を縫い縮め
膝蓋骨が外れにくくなるような処置をしていただきました。

MAREのように膝に金属を入れる方法よりも手術の時間は長くなってしまうようですが
術後の違和感は少なく済み、回復も早いそうです。

術後はとっても元気だったようです。

看護士さんに『うるさかったでしょ。』と聞くと『大丈夫でしたよ』とのお返事。
でもね、RAYの声を聞いて分かりました、ずっと泣いていたってことが
以前、神戸の桜ちゃんが避妊手術で入院した際ずっと泣いていたようで声がかれていたと
聞いたことがあり、ワンコでも声がかれるんだぁ・・・と思っていたら
RAYの声もかれていました。


その後、先生からも『泣きすぎて声が出らんやろ。』と言われ
看護士さんからは『ピィ~ピィ~、鳥のような声でしたよ。』と笑われました

『今日連れて帰りますか』と先生。
『連れてかえって良いなら・・・。』と私。
『良いですよ。』と先生。

BE☆MAとの絡みを心配しながらやっぱり置いてかえるよりは・・・
『よく走りますからね』と先生
『やっぱり、走らせないほうが良いですか??』
『いや、走らせて良いですよ』
など、退院後の生活について確認し連れてかえることに


待合室でRAYを抱いて順番を待っている際、
診察の合間に先生が出てきて声をかけてくれたのですが
その後、先生の後を追って泣き叫ぶRAYって・・・
他のワンコが診察受けている間も、手を離すと先生の所に走っていきそうな雰囲気でした。
大切に扱っていただいた証拠と嬉しく思う反面
何だかなぁ~。。。


看護士さんたちからは

『もう帰るの??』
『もうチョットおったら(いたら)いいのに』など声をかけていただきながら
『1週間後(抜糸に)また来るけんね~。』と病院を後にしたのでした



ご覧頂きありがとうございます。
ついでにポチッっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。